食物繊維はほとんどの人が足りていない!?

Fotolia 45747834 XS 食物繊維はほとんどの人が足りていない!?

食物繊維の多い食材を摂取しようと心掛けるのは大切ですよね。
善玉菌を増やしたり、腸の掃除をしてくれたりと、腸の健康や、便秘予防などに効果的です。

でも、1日の必要摂取量をは摂れていますか?

実際に、日本人のほとんどは、食物繊維が不足しています。
その原因は、食形態が欧米化し、昔のような和食中心の食事ではなくなったからです。
近年、食生活が豊かになった一方で、野菜や、イモ類、海藻類などの
食物繊維が含まれている食材を食べなくなりました。

食物繊維の1日の必要摂取量は、成人で約20~25gです。
しかし、この量を摂るのは、現代人の食生活では困難です。

毎日、食物繊維が豊富な食材を揃えたり食べることは大変ですし、かなりお金もかかります。
そんな、食物繊維の不足分を補うために、サプリメントや健康食品が売れています。
実際に、丹念成分や質のよいものが使われているものも多くあり、補充することができます。

ここで、参考までに、スーパーなどで簡単に手に入る食物繊維が含まれた食材をご紹介します。

【キノコ類】

干しシイタケ、きくらげ

【野菜】

かぼちゃ、にんじん、キャベツ、ほうれん草、ゴボウ、とうもろこし、さつまいも、里芋、

【果物】

りんご、いちご、バナナ、いちじく

【その他】

アーモンド、寒天、こんにゃく、玄米

などです。

もっとも含有量が多いのは、「きくらげ」です。
なんと57.4(100g)もの食物繊維が含まれていて、バナナの50倍以上も違いがあります。

でも、これらを見ても、毎日の食卓に摂り入れるのは難しいですよね。

食物繊維は、腸の健康には欠かせない栄養素です。
さらに、コレステロールや血糖値が上がるのを防いでくれる働きもあります。

日頃から、食物繊維を摂ることはとても重要です。
不足分は、サプリメントや健康食品で補いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加