カスピ海ヨーグルトにはどんな成分が入っている?

a0651f53a457a2929b6a4d35c25cef67 250x245 カスピ海ヨーグルトにはどんな成分が入っている?カスピ海ヨーグルトには、様々な成分が含まれています。

最も含まれている成分が、クレモリス菌でしょう。
この成分は、乳酸球体の一つです。
クレモリス菌は、乳酸を作る働きと、多糖体の粘性物質を作り菌の周囲に放つ役割があると言われています。
カスピ海ヨーグルトが粘り気のあるヨーグルトなのは、クレモリス菌のせいだと言われています。

 

このクレモリス菌は、とても強く、胃では消化されないと言われているのです。
その為、腸にまでしっかりと働き、乳酸菌の効果をしっかりと発揮すると言われています。

カスピ海ヨーグルトが高い効果を実感する事が出来るのは、クレモリス菌のお蔭だと言えるのではないでしょうか。

また、カスピ海ヨーグルトにはリューコノストック菌という乳酸球体も含まれています。
これはヨーグルトの味にかかわってる成分だとも言われています。

リューコノストック菌は、乳頭を分解する力は若干弱い成分ですが、リューコノストック菌が含まれているからこそ、カスピ海ヨーグルトは美味しい味を保つ事が出来るそうです。

さらに、グルコノバクター桿菌という菌も含まれています。

グルコノバクター桿菌は乳酸を作る事は出来ませんが、乳酸菌の増殖や粘性物質の生産を助ける環境を作ってくれると言われているのです。
腸内環境を保つ為にはグルコノバクター桿菌は欠かせない成分だと言えるでしょう。

これらの3つの菌があるお蔭で、カスピ海ヨーグルトは高い効果を実感する事が出来るのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加