メタバリアNEOにはどんな成分が入っている?

aacb8b8fc2e8b6d8bfbc2d515388cf61 メタバリアNEOにはどんな成分が入っている?メタバリアNEOには様々な成分が入っています。
中でも、サラシアエキスと、ケルセチン、赤ワインエキスポリフェノール、カテキンの4つが代表的な成分となっています。

注目の主成分

サラシアエキス

糖分の吸収を阻害する効果があり、ダイエット成分として有名です。
メタバリアNEOの開発業者である富士フィルムが、独自の技術を使い、高濃縮したサラシアエキスが使われています。
サラシアは変質しやすいので、なかなか高濃縮することが難しい成分でした。
それをメタバリアNEOでは、しっかりと効果をそのままに、濃縮することに成功しており、注目の成分となっています。

ケルセチン

たまねぎから抽出された成分で、植物色素であるフラボノイドの一種であり、体に良い成分となっています。

赤ワインポリフェノール

赤ワインポリフェノールの効果としては、抗酸化作用が非常に有名です。
体の老化を防ぐ機能や、体の調子を整える機能が赤ワインポリフェノールにはあります。

カテキン

お茶などに多く含まれていて有名ですよね。
カテキンは、脂肪の吸収を抑える効果の他、抗酸化作用や高血圧の防止効果などがあります。
ダイエット食品などにカテキンが含まれていることも多く、脂っこい食事をとった後にカテキンを摂取する人も多いです。

メタバリアNEOは、身体をサポートする成分が凝縮されているんですね。

その他、メタバリアNEOには、クロム酵母や炭酸カルシウム、シュラック、ショ糖脂肪酸エステルなどが含まれています。

このエントリーをはてなブックマークに追加